お問い合わせフォーム
メインメニュー

blog の記事一覧 | 漢方カフェ いろは

お問い合わせ

blogの投稿


冷えの種類はいろいろあれど…

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

「季節の薬膳講座 ~冬の養生~」

「五臓の美薬膳講座~腎の養生~」につきましてのレポートです。

 

 

 

 

 

はい!
講師は、おなじみ 大阪南船場にてサロン経営されている 平野みどり先生です。

平野みどり

 

 

STUDIO de VERTS 

STUDIO de VERTS

スタジオ

 

 

 

 

 

 

冬の養生に関しては、エイジングに関わるところ…
今回は、冷えの種類 についてお話がありました 

 

 

・血液不足で、血量も少なく巡りが悪くなっている…

・ストレスで、血行不良‥

・余分な水分がたまってしまっている…

・全体的な機能低下で、熱を生み出せない…

 

 

 

いろいろタイプはありますが…

 

 

 

 

 

大きく分けると…

「冷えのぼせがある」
「イライラしやすい」
「月経不順、月経痛がひどい」など

巡っていないタイプの方は、薬膳素材でいう紅花(べにばな)や当帰(とうき)、
水の滞りがあるようであれば はと麦や、小豆もオススメです。

 

 

 

 

「トイレが近い」
「夏でも冷える」
「疲れがぬけにくい」など

熱を作りだせないタイプの方は、蒸し生姜や、シナモンなどを取り入れてみてください。

 

※質問事項は、あくまで一例です。

 

 

 

食養生では、胃腸に負担をかけないように、腹八分や消化のよいものをとる事が大事。
消化吸収が悪くなると、うまくエネルギーを作りだすことができないんです…

 

 

薬膳 平野

先生ならではの美のワークも取り入れながら楽しく学び!

平野先生

 

 

 

 

 

 

午後からの~腎の養生~の学びは、もう少し深く…

婦人科系クリニックに携わってらっしゃる方のご参加で… さらに深く…

腎の養生 五臓の薬膳

とても充実した時間となりました 

 

 

 

 

 

 

 

受講生さまの感想です。

★薬膳はおいしくないと思っていたのですが、おいしい薬膳料理を出してくれるお店を知り、自分でも家庭で作り、家族の健康を守りたいと思ったから参加しました。
いつも平野先生の講座、おもしろいです。あっという間に終わってしまいました。
腎=アンチエイジングのところをもっとくわしく深く聞きたかったです。
(吹田市:みーこ66さま)

 

 

 

★漢方の煎じ薬をのんでますが、食事で体調をととのえたい…と思い受けてみました。
とても分かりやすく、楽しかったです。
家でもやってみたいと思います。
(吹田市:まゆ さま)

 

 

 

腎についての説明がとても分かりやすく、勉強になりました。
ありがとうございました。
(豊中市:みっち さま)

 

 

皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

次回の平野先生の講座は…

1月17日(木)
 18:30~
「季節の薬膳講座 ~冬の養生~ 夜間クラス」
(初心者向け)

 

 

2月14日(木)
18:30~
「薬膳茶ワークショップと更年期のお話」
(初心者向け)

 

3月2日(土)
10:00~
「季節の薬膳講座 ~春の養生~ 土曜日クラス」
(初心者向け)

14:00~
「五臓の美薬膳講座 ~肝の養生~ 土曜日クラス」
(中級者向け)

 

以上になります。

 

 

 

 

気になった方は
今から、スケジュールあけておいてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方・薬膳の世界をもっと身近に。
少し先のミライが笑顔でありますように。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熟成度は、まさにワイン? 餅茶を楽しむ 中国茶講座が終了しました!

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

セミナーレポート
「中国茶飲み比べお茶会」
~餅茶と中国紅茶を楽しむ~
中国茶

 

さぁ…
今回は、餅茶(へいちゃ)です!

 

 

 

 

餅茶は、茶葉を圧縮成形して固めたもの。
圧縮して固めることにより、保存もしやすいですし、持ち運びにも便利ですよね!

中国茶

 

よく聞くのが、プーアル餅茶です。
プーアル茶は、古ければ古いほど価値があると言われています。

まさにワインのような…

 

 

 

 

 

 

ちなみに…
古いという意味で「陳(ちん)」という漢字が使用されますね。

 

 

漢方の生薬で、「陳皮(ちんぴ)」は、干した みかんの皮です。

不必要なものを排出し、新しいものを取り入れること「新陳代謝(しんちんたいしゃ)」ですね!

 

 

 

 

 

 

さて
実際に、茶葉をほぐして 淹れていきましょう。

中国茶

 

 

 

蓋椀(がいわん)に茶葉をいれて…

中国茶

 

 

 

お湯をそそぎ、しばらくすると なんとも言えない茶葉の香りが漂います

中国茶

 

 

 

今回の受講者さまは、中国のことも詳しいようでお話が盛り上がりました!

中国茶

 

続いての中国紅茶も美味でした。
もちろん、お砂糖なしで 美味しくいただけます。

 

 

 

 

受講者さまの感想です。

★中国文化に興味があり、お茶の事も知りたかったので参加しました。
お土産でいただく事の多い中国茶。これまでよく分からずに飲んでいましたが、茶葉の種類も少し理解できたので、これからの楽しみが増えました。
( Tさま )

 

 

 

 

 

次回は、春先に 楽しいお茶会を開催予定です。

新茶の時季かなぁぁ??

 

 

 

 

 

 

今回のナビゲーター
高級茶藝師:充琴(まこと)先生のホームページ

ゆるほこじかん。~茶香からの誘い~
ゆるほこじかん。~茶香からの誘い~ – 「いいね!」24件 · 4人が話題にしています – 中国茶、台湾茶の魅力、美味しさをたくさんの人々にもっともっと、広めます。

中国茶
ぜひ、一緒に 効能高い中国茶を楽しみましょう~

 

 

 

 

 

 

漢方・薬膳の世界をもっと身近に。
少し先のミライが笑顔でありますように。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朱(あか)に染まるは、うるおい軟膏! 紫雲膏ワークショップが終了しました。

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

レポート!
「漢方外用薬『紫雲膏』をつくりましょう」
いろはの紫雲膏

皆で、材料費を持ち寄って…
魔法のお薬…『紫雲膏(しうんこう)』をつくるワークショップ

 

 

 

紫雲膏は、主に 「火傷、痔、きず…」などに処方されますが、ひび、あかぎり、湿疹、皮膚炎、もちろん手荒れにも使用できる万能薬…と個人的に思っております。

 

 

 

 

 

 

こちらの担当は…

紫雲膏 福田裕子

阪神漢方研究所付属クリニックの管理薬剤師、福田裕子先生 

 

 

 

 

 

紫雲膏をつくる過程で、ニオイが衣服や持ち物についてしまう…ということで、しっかりと防御!!(笑)
荷物はビニール袋の中へ、エプロンをつけて、頭には三角巾を!

 

 

中には、シャワーキャップをご持参いただいている方も
(準備万端すぎる~ 笑)

 

 

 

紫雲膏

お鍋(中央)に火入れ!

胡麻油を熱していきますよ~

 

 

 

 

 

 

左から、
当帰(とうき)、紫根(しこん)という生薬と
ミツロウを入れていきます。

紫雲膏

 

 

 

 

まずは 当帰(とうき)

紫雲膏

 

 

 

 

 

取り出した後に 紫根(しこん)

紫雲膏

こちらで、朱く色づいていきます

 

 

 

 

最後にミツロウを!

紫雲膏

それぞれに油の適温があり、詳しく説明くださいました!

 

 

 

 

とりわければ、朱く染まった『紫雲膏』の出来上がり!

紫雲膏

 

 

 

 

 

こうして出来た紫雲膏は、市販のものより ゴマ油の匂いが少なく、ピュア感(純度)も高い気がするので、私的には、本当に 助かります。

紫雲膏

左:今回作成のもの
右:市販のもの(トン脂が入っていました)

(もちろん、市販のものでも 効き目はバッチリです!)

 

 

 

 

 

講座の最後には、皆さんの日ごろの疑問や漢方のカゼ薬についての質問が多くありました。

紫雲膏 福田裕子

現場で、漢方に触れている先生ならではのお答えがたくさん!

こんな場合は、この漢方!に納得です!

 

 

 

受講者さまの感想です。

★とても勉強になり楽しかったです。
ありがとうございました。また今回のような漢方&手軽に作れるもののイベントには参加したいです。
(豊岡市:ちかりん さま)

 

 

 

★以前、漢方薬局で買い、使ったことがあったので興味がありました。
また参加したいです。漢方薬の勉強にもなりました。ありがとうございました。
(神戸市:T.T さま)

 

 

★薬というより食品のような感じで安心しました。思ったより、やさしい香りと使い心地で、作り方もシンプルで、まずは使うことから摂りいれたいと思いました。
お薬は薬局でも手に入りますが、自分たちで実際につくってみるという行為を通じて、漢方の世界がぐっと身近になりました。この実感が、このイベントでの大きな発見です。(大阪市:アンドウ さま)

 

 

皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

なお、こちらのワークショップは年明け
1月19日(土)にも実施予定です。

 

興味のある方は、スケジュールあけておいてくださいね

 

 

 

 

なお、講師の福田先生ご勤務のクリニックはこちら!
(私も以前、働いていました~)

漢方 漢方クリニック

無料相談もされているようですよ~
東洋医学のかかりつけ医をお持ちでない方は、一度足を運んでみてください。

 

 

雰囲気、香り、空間などなど
とっても漢方チックなクリニックです~(笑)
(そりゃ、専門だものね… 当たり前ですね。)

 

 

 

ホームページはこちら!

https://hansiniseikyo.or.jp/iryo/hknpo.html

 

 

 

 

 

 

漢方・薬膳の世界をもっと身近に。
少し先のミライが笑顔でありますように。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IROHA’ Na 通信 発行♡  ニュースレター、記念すべき創刊0号!

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

大ニュース、大ニュース~

ニュースレター発行となりました♡

 

 

 

 

 

 

題しまして…

~ミライの健康と笑顔を薬膳でデザインする~
「 IROHA’ Na (いろはな)通信 」

いろはな通信 ニュースレター

 

 

 

 

 

 

そう、今までは…
セミナーや、ワークショップ受講者さまへお礼として…

ハガキ版を送付させていただいてました

ニュースレター
(お受け取り、ありがとうございます!)

 

 

 

 

 

 

これからは、A4タイプの紙面にて。
封筒で送付いたしますので、開封いただければ幸いです!
(ご住所登録者のみ)

いろはな通信 ニュースレター

ちなみに今回は、創刊0号!

 

 

 

 

 

0号につきましては、送付はせずに お店での手配りのみとなります!
とってもレア~な、0号となっております。

ぜひ、お手にとって お楽しみください。

 

 

 

 

【 気になるアレを試してみました!】

ニュースレター

ちまたに転がる、漢方・薬膳チックな いろいろ…を、取材するコーナー

 

 

 

 

【 おすすめイベント! 】

ニュースレター

当店での大人気イベントの…その中身をご紹介します!

 

 

 

 

~いろは*がおおくりする~
【 旬花 旬菜 pickup!】

ニュースレター

当店のキャラクター いろは*ちゃんが、旬のお野菜や果物の効果効能、そして 隠れた薬効、使い方のお話。

 

 

 

 

 

毎回同じコーナーではなく、号ごとに 特集記事は変わっていく事もあります!

例えば…
オススメのお店 
これ、美味しかった…の情報。

オススメの手土産 
これ、ちょうどいいねん…の情報。

スタッフ紹介 
当店のスタッフの事もどうぞ、よろしゅうに…の情報。

 

 

 

 

 

年5回の発行で、皆さまに ミライの健康情報、その他楽しい情報をお届けできたら‥と考えております。

 

 

 

 

0号をご希望の方は、お店まで!
1号~の送付をご希望の方は、ご住所のご登録を!

 

ぜひお待ちしております

 

 

 

 

 

 

 

漢方・薬膳の世界をもっと身近に。
少し先のミライも!笑顔でありますように。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダ★イキイキ、スッキリ 東洋医学講座… 終了しました。

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

「カラダ☆イキイキ東洋医学」

カラダ東洋医学

 

 

 

 

 

著者:吉田有希先生による 本当に優しく分かる講座でした!

吉田有希

 

 

 

 

 

当日はスライドにて ご案内。

カラダ東洋医学


この世界で、よく聞く「氣」「血」「水」
について、ゆっくり噛み砕いて ナビゲート。

 

 

 

 

 

DSC_3375

受講者さま 参加型でした。

つまり、あてられる(笑)

 

 

 

 

だから、よく身に入ってくる…んですよね
(難しい質問じゃないので、ご安心くださいね  笑)

 

 

 

 

 

途中に カラダを動かすワークもあり!で…
よい気分転換も混ぜながら 楽しく終了しました!

カラダ東洋医学

 

 

 

もちろん…
吉田先生の本も購入いただけましたので…

カラダ東洋医学

プチサイン会も実施されました~(笑)

 

 

 

 

 

 

 

受講生さまの感想です。

基本的な氣血水が学べてよかったです。
(陰陽がもうひとつよく分からないですが…)
経絡も、もうちょっと知りたい。子供向けの薬膳講座開催に期待しています。
大好きな大根餅の作り方…も。
(茨木市:F.O さま)

 

 

★「自分の体が欲している」と自分の体の症状をみること。仕事中、夕方の頭痛、脱力感の見方が少しわかった。どうしたらいいか、もっと勉強してみます。
(茨木市:N さま)

 

 

 

★難しいお話ですが、楽しく学べるように工夫していただいているので、思っているより身近に感じ学べました。ありがとうございました。
(茨木市:のぶこ さま)

 

 

 

★体のしくみについて、少しわかり、食・環境について あらためて見直そうと思いました。話を聞けて良かったです。少し自分でも勉強してみます。
(東大阪市:犬伏貴子さま)

 

 

 

よく漢方の本に書かれている五臓の関係性が初めて理解できました。
今まで、それがさっぱり分からなかったから「難しそうだな」「よくわからない」と感じていたので。
(茨木市:らっこ さま)

 

 

 

皆さまありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

講座途中のカラダを動かすワークですが、
吉田先生は【自力整体ナビゲーター】でもありますので、“体をほぐす” ことについても精通してらっしゃいます。

自力整体

お教室もされていますので、お気軽に参加してみては!

 

 

吉田先生のホームページはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方・薬膳の世界をもっと身近に。
少し先のミライが笑顔でありますように。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温め、冷せ、巡らせて! お酒のアテも薬膳で ♡

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

セミナーレポート
「薬膳と暮らしの素敵な関係」

講師は、いつも元気な 真冬先生です。

真冬

自己紹介からスタートする講座は、みんながすぐに打ち解けますね

 

 

 

 

さて
今回は、冬の冷えについて お話くださいました。

関連する臓腑のことや、症状について…

 

 

 

 

そして
いつも、教えていただく大切なことは「巡らせる」という事。

 

 

 

 

温める食材ばかり摂るのではなく 冷やす食材を使用してもいいから、ちゃんと巡らせる事を意識してくださいね…と。

真冬先生

 

 

 

毎回のワークは、献立を作成します。

先生のお話を聞いていれば、難しくないですよ!
コツを教えてくださいます

 

 

 

特徴は、なぜか皆さま お酒のアテとなるような献立が多いような…(笑)

 

 

 

これで、焼酎をいただきま~す!
〇○と、ビールでスタート!などなど(笑)

 

酒類にも
温める → (例:日本酒。焼酎など)
冷やす → (例:ビール)」がありますので、意識して献立が作成できれば、
なお良いですね!

 

 

 

 

 

毎回お楽しみの薬膳パン…

真冬先生

 

 

 

 

「黒」をテーマに作ってくださったのは、「黒クコの実のパン」です。

薬膳パン

 

 

他、柿のコンポート、プルーンのジャム

薬膳パン

 

 

 

 

 

試食中も、お話が止まらずに 思わず聞き入ってしまいました…

真冬先生

 

 

 

 

受講者さまの感想です。

★秋、冬と連続で受講させていただき 毎回勉強になり、最初は難しいと思っていた薬膳が身近なものになってきました。
今までは温める食材を多く使う傾向にありましたが、今日は摂りすぎてもいけないことを教えて頂いたので、メニューを考える時にプラスマイナスを工夫し、中庸を心がけるようにします。
(茨木市:Y.K さま)

 

 

 

薬膳は特別な食材を使うと思っていましたが、身近な食材を使えると知りました。
季節や体質に応じた食材が少し分かりました。
最後に出していただいたパン、ジャム、柿が美味しかったです。ジャム作ってみます。
(大阪市:長内さま)

 

 

 

薬膳という言葉が4000年の歴史じゃなかったなんて!
陰陽は難しく感じましたが、楽しくお話を聞けました。
家族の体の調子、体の声をきいて献立にいかしていきたいです。自身も氣血を補ってカゼをひかずに冬を越したいと思います。
(高槻市:K.T さま)

 

 

 

とてもコンパクトにまとめられていて、分かりやすかったです。
先生の軽快なトークにひきこまれました!!
年齢的にも「腎」気になるお年頃なので今日教えていただいた食材を参考にとり入れたいです。パンもジャムもフルーツも全部おいしい‼ 今日はありがとうございました。
(東大阪市:N.Hさま)

 

 

 

先生の講座は4回をとおして参加させていただきました。
とても分かりやすく大好きです。実は先日末ギックリ腰になりました。
「捕腎」を心がけます。ありがとうございました。
(吹田市:吹田fuzimoto さま)

 

 

 

 

 

皆さま、ありがとうございました。

次回の真冬先生の講座は、春に開催予定です。
(2019年3月以降)

 

 

季節に限らず、症状の薬膳などのお話も予定していますので、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

ちなみに…
※黒クコの実とは下記です。

黒クコの実

アントシアニンがブルーベリーの約20倍。
視力アップ、美肌、血行促進効果期待♡

( お店にて販売しています。)

 

 

 

 

 

 

漢方・薬膳の世界をもっと身近に。
少し先のミライも笑顔でありますように!

 

 
最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2 / 10612345...102030...最後 »

営業日カレンダー