お問い合わせフォーム
メインメニュー

働きものです、肺、ハイ、はい! | 漢方カフェ いろは

お問い合わせ

働きものです、肺、ハイ、はい!

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

遅くなりました…

「五臓の薬膳講座 ~肺の養生~」のレポートになります。
堀内先生

 

肺って聞けば、酸素を取り込んで、二酸化炭素を排出するところ…ですよね!?
つまり、呼吸

 

 

 

漢方のなかでの考え方は、上記以外にも身体の一番外側でバリアや、フィルターの役割 があります。

 
氣(き)→エネルギー
血(けつ)→ほぼ血液
水(すい)→血液以外の体液 を、

身体の外に漏れださないように守ってくれていたり…

不必要なものを排出してくれたり…

 

 

 

 

 

もう少し、お伝えすると‥

堀内先生

内側と外側に分けてくれて、一番外側で身体を守って エネルギーを巡らせてくれています。

 

 

この肺が、調子を狂わせると、免疫力に影響してくるんですよね~。
(なにせ、外側で すぐさま危険を察知してくれているので…)

 
カゼをひいたり、アレルギー、お肌やのどの乾燥などの現れるんですよね!

 

 

あら!やだ!

 

 

 

 

 

 

働きもので、私たちを守ってくれている「肺」!

 

 

 

 

 

この時期、食材でいうと
「白いもの」「辛味のあるもの」←ほどほどにね。

 

以上が、体をうるおし 肺をいたわってくれると言われています。

 

 

豆腐や、蓮根、大根… 白ごまや、くるみ、松の実などもいいですね!
生姜やネギもオススメです!

 

体質にあわせて摂りいれてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、講義は この後も、より深く…
臓器のお話が続きました…

堀内先生

 

 

みなさん、いつも勉強熱心です。
質問が絶えませんね。
堀内先生

堀内先生、ありがとうございました!

 

 

 

 

先生には、次年度もお願い予定です。

季節の薬膳(初級)、五臓の薬膳(中級)、その他の症状別講座等 もご用意していますので、楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

 

そうそう、肺は
ゆっ~~くり、深呼吸してあげることもおすすめです。

「いつも、守ってくれて、ありがとう~」ってね

 

 

 

 

 

 

漢方・薬膳の世界をもっと身近に。
少し先のミライが笑顔でありますように。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

セミナー・イベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

営業日カレンダー