お問い合わせフォーム
メインメニュー

いろはな創業ストーリー その③~東洋医学と母の死~  | 漢方カフェ いろは

お問い合わせ

いろはな創業ストーリー その③~東洋医学と母の死~ 

 

こんにちは。

本日もおこしくださり、ありがとうございます。
巡りごはん いろは  鍋谷みちこです。

 

 

創業ストーリー① ~普通の幸せな家庭が夢でした~

創業ストーリー② ~悩みの共有できる場所が欲しかった~  の続きです。

 

 

 

 

 

~ 東洋医学と母の死~

 

 

 

 

「お母さんが、おかしいねん。」電話口の父の声。

 

 

 

 

 

小柄だったけど、普段から元気で重い病気などした事がない。

 

 

 

長年勤めていたパートを辞めて、

お友達との時間を楽しみ、

食事にも気をつかう母、おかしくなるなんて…

 

 

 

 

 

 

 

覇気のない うつろな母の顔。

 

「食欲がない、眠れへんし、イライラする…」

 

「死にたい…」

 

「せめて、一緒にハワイに行きたかったな…」

 

 

\もう、自分はダメだ… /
と何度も繰り返していました。

 

うつ 悲しみ 

 

*
*

「お母さん、そんな事ないよ。すぐ良くなるよ。」

 

内科・婦人科・心療内科を共に受診する。

 

 

 

 

 

 

 

診察券の枚数と不安が増えていく。

 

 

元気になって…ほしい。

 

 

 

 

 

 

しかし、母についた病名は 鬱病。

 

 

うつ 不妊 寝たきり

 

 

 

*
*

ついには寝たきりに。

 

 

 

 

「なんで、私は母を治してあげれないの?」

 

 

「おかしい。なんで母がこの病気になるの?」

 

 

 

泣く うつ 

 

*
*

せっかく前向きになった私は愕然とし、自宅リビングの机に泣きふせました。

 

 

 

 

大人になってはじめて‥‥

子どもみたいに大きな声を出して泣いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうや!その手があった!」

「東洋医学なら、なんとかなるかもしれない」

*

お灸 鍼灸

 

*
*

主人の学校の先生が経営する鍼灸院にきていました。

 

病状さえ伝えきれないほど弱りきっていた母にかわって、私が答える。

 

 

 

 

 

漢方薬 東洋医学

*
*

丁寧に体の状態を診ていく様子に感心した。漢方も処方してもらう。

 

その漢方を服用して二日後。 忘れもしない、偶然にも母の誕生日。

 

 

 

 

 

 

母が、母が…
自ら、布団を押し入れに、おし込みながら 言った。

 

 

「外にでかけたい」


「これからの人生どうやって過ごそうかな?」
と。

 

 

 

 

 

やったー 喜ぶ

*

「やったーー! やるやん! 東洋医学!」

 

 

「漢方ってほんまに効く!」
飛び上がる程嬉しかったのを覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、母はその後体調を崩して 今は天国に。

 

母の手 天国へ

 

 

 

母も治してあげれなかった。
そして私は母親にもなれていないやん…。

 

 

 

 

 

自責の念と、情けないのと、くやしい思いでいっぱい…。
なによりも、ぽっかりと穴があいたかのような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、泣いてばかりもいられない。

 

 

既に埋め込んであったスケジュール帳のたくさんの予定と、過ぎていく時間が私を救ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「絶対、何かする…」私だからこそできる事を探しはじめて。

 

(2011年)

 

 

 

続き>>>

創業ストーリー④ ~Let’s 実家で創業?~

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

鍋谷充子の いろは な生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

営業日カレンダー