お問い合わせフォーム
メインメニュー

漢方の世界をのぞいてみよう(花粉症)講座が終了しました。 | 漢方カフェ いろは

お問い合わせ

漢方の世界をのぞいてみよう(花粉症)講座が終了しました。

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

先日、漢方のちょっぴり本格講座が終了いたしました。
そう、ちょっぴり専門的な内容でした!

 

 

 

 

 

今回のテーマは花粉症
ちょうど、シーズン入ったところですね。

花粉症

 

 

 

 

 

講師は、以前もお世話になりました 福田裕子先生です!
講師 福田裕子
薬剤師でもあり、漢方クリニックにお勤めされているので、現場をよくご存知!

 

 

 

 

わかりやすい資料と共に、スタートです!

漢方講座

 

もともと花粉症は、体の防御反応なんです。
最近の治療方法としては、レーザー治療などがありますね。

症状が出やすい部位を東洋医学の五行で分類すると肺・皮毛・鼻が関係します。

 

 

さて、この花粉症の症状が出てからではなく、前もって漢方薬でからだの機能・免疫の、みだれを整えておきましょう。

 
・胃腸の働きを整える
六君子湯(りっくんしとう)

 

・ストレス・イライラ・元気がない
加味逍遙散(かみしょうようさん)四逆散(しぎゃくさん)
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)等

 

・体の水分バランスを整える
五苓散(ごれいさん) 真武湯(しんぶとう)等

 

 

 

 

 

花粉症になってしまったら、どんなお薬があるでしょうか?

 

・さらさらの鼻水タイプ
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
 麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
 苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)

 

・粘り気のある黄色い鼻汁タイプ
辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
 葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

 

↑↑↑
上記、資料より。

 

 

 

 

お薬に含まれている代表的な生薬のお話も盛りだくさんでしたよ。
なるほどね~

いろはの漢方講座

 

 

 

最後に、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)に含まれている
『五味子(ごみし)』のお茶をいただきました。

五味子茶

 

五味子茶

いろはのおやつは、
米粉ケーキにお豆腐のクリームを添えて

 

 

 

 

今回も、内容の濃い2時間でした。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

「漢方の世界をのぞいてみよう」は、来月の4月にファーストステップとして基本編を実施いたします。

漢方薬って…?
どうやって処方してもらったらいいの?
東洋医学の診察方法について…。

 

 

~本当は、よく効いて しかも身体に優しい~
漢方の世界に会いにきてくださいね。

 

いろはの五味子茶

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

セミナー・イベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

営業日カレンダー