お問い合わせフォーム
メインメニュー

「お気に入り」の記事一覧 | 漢方カフェ いろは

お問い合わせ

お気に入り


『いばらきさん』 で、紹介していただきました!

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

この度、
茨木市のモノ・コト・ヒトを伝える
『いばらきさん』 というフリーペーパー本に、お店を紹介していただきました。
いばらきさん

 

 

 

 

 

『いばらきさん』は、早くも第6号の発刊
私も大好きで、過去の5冊、全て持っています(笑)
いばらきさん

 

 

 

 

 

11ページ目に
いばらきさんの腹ごしらえ として・・・

お店の思いを中心に、素敵に掲載してくださいました。

いばらきさんの取材

スタイリッシュな表紙とは対照的な
可愛らしいピンク色の縁取りページ です

 

 

 

 

 

 

 

こちら冊子ですが 数に限りはありますが、店舗にもございます。

 

もしどこかで、手にする機会がありましたら、
どうぞ 見てやってください。

 

 

 

 

 

この度、お世話になりました
取材、原稿執筆の方々、カメラマン、デザイン担当の方々、
ありがとうございました!感謝申し上げます

 

 

 

 

 

 

巡りごはん いろは ロゴ

ちょっと先の未来が
笑顔でありますように

巡りごはん いろは

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シティライフ市民ライターさんに取材していただきました。

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

「 大寒 」 です 
極寒の寒さに見舞われるが春の兆しあり。

 

 

さぁ、いつから気温は 上がりはじめるでしょうか?
あと少し、少し… と 春まち態勢です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて 皆様にご報告!

先日「 取材3件うけました!」 と、ブログを更新させていただいたのですが、その2件目がこちらです。

 

 

 

 

 

シティライフの市民ライターさんより、丁寧に取材していただきました。

シティライフ掲載

「取材してもいいですか?」  と、お声かけいただいた時は、びっくりで…。

 

 

 

 

品があって、おキレイな方でしたよ~。
市民ライターさんは 「いちごちゃん」 という方です。

 

 

 

 

 

 

 

記事はこちらから…
http://citylife-new.com/news/48196.html

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

‐女性起業家特集‐ 日日新聞に掲載されました。

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

先日お伝えしましたが…
取材記事が、日日新聞 に掲載されましたので、ご報告いたします!

 

 

 

わぁ~い!!

 

 

 

1月14日
【市内北東部版】
『 女性起業家特集 』
日日新聞取材

働きながら輝きを放つ女性起業家を紹介します。
…だって。(笑) ポッ

4名(組)掲載されているうちの、ひとりです。

 

 

 

 

以下紙面より。

 

 
“ 食材の力 ” をもらいながら健康な体に

「薬膳料理のハードルを下げたいですね。日本はかつて稲が多く取れることから“瑞穂の国”と呼ばれていました。多くの人に薬膳お粥を食べてもらいたい」。

「薬膳料理?」と言えば一般的には薬臭いイメージを浮かべるが、本来の『薬膳』とは、その食材の力をもらいながら健康な体を作る料理。

鍋谷さんと薬膳の出会いは自身と家族の病気の経験から、「漢方と東洋医学に興味を持つようになった」という。
その後、鍋谷さん自身もドラッグの登録販売者の資格を取得。漢方研究所付属クリニックで働き、薬剤補助業務として漢方と深く触れ合った。

約2年前、自身が学んだ東洋医学を「もっと身近に感じてもらいたい」との思いから月1回の薬膳粥ランチイベント「漢方cafe いろは」をスタート。ほかにも、地元の製菓店とコラボした“薬膳ケーキ”を共同で開発したり、一般家庭でも楽しめる薬膳料理のレシピをまとめた電子書籍「薬膳 粥はじめ ~ココロとカラダに幸せごはん~」の出版などで、意欲的に薬膳料理を広めていった。

そして「自分自身がつらかったときに欲しかった東洋医学と触れ合う空間を」と昨年10月に薬膳カフェ「巡りごはん いろは」をオープンさせた。店名の“巡り”には「身体を巡る、お客さまの巡り、命の巡り―の3つの思いがあります」。
ランチタイムの「薬膳のお粥ランチ」は好評で「店に来ていただくお客さまが少しでも笑顔になっていただければ幸いです」と来店客に感謝の思いを巡らせている。今後は店舗でセミナーを開いたり、「今までにないような漢方のサロンを出してみたい」と将来を見据えている。

 

以上、紙面掲載。

 

 

 

 

こちらの記事が、このように掲載にいたるまで関わってくださった全ての皆様。
お店を育ててくださっている、毎日のお客さまに、感謝を申し上げます。

 

こんなお店を探している、過去の私のような方々に届くことを心から願います。

 

 

 

 

 

大阪日日新聞さま
http://www.nnn.co.jp/dainichi/

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじまりの島。伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)私のパワースポット!

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます。

 

 

 

 

皆様のお正月はいかがでしょうか?

 

普段は、こんなにゆっくりすることもできません。バタバタな毎日の中で、お正月というシステムはありがたいことだ~と (笑)

そして、貴重な時間を利用して、行ってまいりました 

 

 

 

 

はじまりの島、はじまりの時。
「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)
伊弉諾神宮

こちらは、淡路島 にあります。

 

 

 

 

淡路島 という土地は、「古事記」の “国生み神話” より
男神 : 伊弉諾尊 イザナギノミコト
女神  :  伊弉冉尊 イザナミノミコト の2神によってつくられた初めての島なんだそうです。

 
国生みの仕事をおえて、国の行く末を 天照大神 (あまてらすおおみかみ) に託した 伊弉諾尊(いざなぎのみこと) が隠居し余生を過ごした土地 だと言われています。

 

 

 

 

諏訪大社や出雲大社、伊勢神宮、熊野那智大社など由緒正しい神社が、この伊弉諾神宮を中心に配置されている という伝えがあります。
そう、太陽の運行でさえ リンクしているというんです
伊弉諾神宮

すごい~

 

 

 

そんな、神秘的なパワーをいただこうと…
伊弉諾神宮

しかしながら、すごい人でした

正面からのお参りには行列が・・・。
両脇の、露店の誘惑に負けないように、進みます(笑)

 

 

 

 

伊弉諾神宮

本殿 へ。
清々しい青空です

 

 

 

 

 

* おみくじ
伊弉諾神宮のおみくじ
右側が、私 「小吉」
『~色情(いろごと)に 気をつけなさい 』
って

「 それは、ないわぁ~(笑) 」
思わず笑ってしまいましたが 

 

 

 

 

 

*お札
伊弉諾神宮のお札
お台所に祀る、竈(かまど) 火の神様です。
お店に祀りたいと思います。

 

 

 

 

 

そして、もうひとつの場所

ご神木  夫婦大楠(めおとおおくす)
伊弉諾神宮ご神木

 

 

 

夫婦円満、良縁祈願のご利益があると親しまれています。
夫婦大楠

 

 

 

 

 

 

お力をいただきたいと
伊弉諾神宮夫婦大楠

 

 

自身もなぜか、勘違いポーズ
伊弉諾神宮夫婦大楠

2本のクスノキが合体して、途中からまた2本に分かれて伸びています。
しっかりと、手を合わせてまいりました。
樹齢900年
パワースポットのひとつとして、取りあげられているようです。

 

 

 

他にも、敷地内にはお参りスポットがたくさんあります。
また平日にゆっくりと訪れたい、お参りさせていただきたい場所でした。

 

 

 

 

また 淡路島は、「御食国」とも言われます。
食材豊かな場所を訪れて、益々日本の食を大事にしたいなぁと思うのでした。

 

 

 

 

伊弉諾神宮
http://izanagi-jingu.jp/hp/

 

淡路島観光ナビ・伊弉諾神宮
https://www.awajishima-kanko.jp/manual/detail.php?bid=448

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お店のインテリア③

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

お正月ですが、よくご質問いただく お店のインテリアについて。
パート③ ってことで、これが最後。

 

 

 

 

 

インテリアのタイトルですが、使用している食器の紹介 です。
いろはの薬膳お粥ランチ

箸置き蒸篭 です。

 

 

 

 

 

 

まずは、箸置き!
蓮根の箸置き

お店の箸置き、蓮根 なんです

昔から、趣のある器(うつわ)が好きで、窯元をよくまわっていました。

 

 

 

 

こちらの箸置きは、蓮根モチーフを専門にうつわをつくる作家さんのものです。

 

作家さんとは、佐藤陽介さん。
京都の百万編の手づくり市で出店されていて、作品を見てひとめぼれ…

 

 

 

 

作品は、こんな感じです↓
蓮根食器

 

蓮根は “見通しもよい” という縁起物食材ですし、薬膳的にも、潤いをもたらし熱をさます効果があるといわれています。喉の痛みや、咳… 胃の不快感などにもいいですよ~

 

 

 

 

食材も、食器にしてもよし!ということで…

佐藤さんのブログはこちら 
http://ameblo.jp/utsuwa2011/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* つづきまして、 蒸篭(せいろ)です。
巡りごはん いろはの蒸篭

こんな ミニ蒸篭 があったのね~なんて、お客様よりのお声をいただきます。
だいたい、直径13cmか15cmが定番の大きさですが、それよりもっと小さいサイズ、10cm です。

 

 

 

最初に購入した店舗は忘れてしまいました。
ごめんなさい~

 

 

 

 

 

 

調べてみると、こちらでも購入できそうです。
万糧さん
http://www.manryou.co.jp/seiro.html

 

 

 

 

 

眼でも楽しんでいただきたいので、
まだまだ可愛い食器を買い足ししていきたく思います。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 212

営業日カレンダー