お問い合わせフォーム
メインメニュー

アナタの “心 (しん)” の養生に… 薬膳の視点からできることーー。 | 漢方カフェ いろは

お問い合わせ

アナタの “心 (しん)” の養生に… 薬膳の視点からできることーー。

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

いつもブログをご覧いただき、感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日開催の
五臓の薬膳講座、「心(しん)」の養生の振返りを簡単に!!

 

 

 

 

 

 

まずは、店舗・オンラインにて ご参加いただきました皆さま
そして、お話くださいました先生にお礼を!

 


 ありがとうございました。

 

*
*

 

 

 

さて、心(しん)ですが
私的感覚で申し上げますと… 少し頭のうえから 全体をみてくれているような臓器

 

(えッ? 体外にあるの??)

 

いえいえ、感覚ですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・というのも、この臓器が弱ってしまうと

命を守ることに意識が薄くなってしまうのです…

 

 

 

 

 

思いがなくなるというか…

*
*
*

 

この世で 生きていくことの最終ボタンを押すような

 

 

 

 

 

 

 

 

この、心の養生のひとつとして、
「肝(かん)」に気をくばることが大事。

 

 

 

 

 

 

五行の流れでいえば…

まず、(感情部分で)肝がうけとり…

その、肝で処理できなかったものが、「心」を侵(おか)してしまうから。

 

 

 

 

だからね。

 

例えば、イライラを感じてしまったとき。

(↑ここで、邪が「肝」に入るね)

 

 

・自分にあったリラックス法で気分転換をする

音楽、アロマ、入浴など

 

・余裕をもったスケジュールを組むこと

 

・あくびや深呼吸などを意識的におこなってあげる

 

・氣の巡りを整える食材を摂りいれること

 

 

 

 

 

なによりも、

・そのイライラをしっかりと感じきること。

(↑ここは、スピリチャル的にもいえること 笑)

 

 

そうやって、
しっかりと アナタが、アナタを受け止めてあげてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつ!!

「心」のキーワードが「喜」

 

 

 

 

妙にハイテンションは危ないです!!!

 

 

 

 

 

 

これは、ハイになる~~(笑)

 

 

わーい!
LOVE♡(笑)

 

*

 

 

 

 

こちらの方が危ないです。

 

狂ったような笑い、喜び

 

*

*

 

薬膳の食薬をみつめていると、ついこんな時はありますが…(笑)

 

 

 

 

精神的な判断力が弱ってしまう「心」

 

五臓はつながっているので、

カラダを整えることは、ココロの健康につながり

ココロが健全であれば、カラダは健やかなんです。

 

当たり前ですがね。

 

 

 

 

 

 

最後に、「心」が侵されると 便秘気味にもなります。

 

これも五臓のつながり。

 

“排出”の臓器は 赤ちゃん形成のときに、もっとも早くできる器官でもあります。

肛門ね。

*
*

こちら、排出に関しましては 秋の養生や、肺の養生でお話いたしますね。

 

 

 

 

9月13日(月)
10:00~

季節の薬膳講座
~秋の養生~

※初心者大歓迎

 

 

 

 

10月18日(月)
10:00~

五臓の薬膳講座
~肺の養生~

※一度でも薬膳のお話を聞いた方向け

 

 

 

 

上記でお待ちしております。

↓↓↓

講座に申し込む!

 

 

 

 

 

暑さが続きます。
皆さま、どうぞ お身体ご留意くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

病気の本質を知り、自ら癒せる人でたくさんにしたい。

 

 

 

漢方・薬膳の世界をもっと身近に。
少し先のミライが笑顔でありますように。

 

 

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

セミナー・イベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

営業日カレンダー