お問い合わせフォーム
メインメニュー

自死遺族として。 | 漢方カフェ いろは

お問い合わせ

自死遺族として。

 

本日もおこしくださり
ありがとうございます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しいニュースが、またひとつ。

 

 

 

自ら「死」を選んだ方のニュース。




※画像は各オフィシャルサイトよりお借りしています。

 

 

 

 

 

 

彼ら、彼女たちの選択について、どうこう言う立場ではないし。

 

その選択をするしかなかったほど、
追いつめて追いつめられていたのか。

 

 

 

 

 

残されたご遺族の方々を思うと心がちょっと苦しい。

(どんな状況だったであろうと、やはり肉体がなくなるのは 悲しく辛い)
(そして、こんなふうにとりあげて、ごめんなさい)

 

 

 

 

 

 

私事ながら、
実母が自死の選択をして
意識不明が続き、あの世へ旅立って…

9年経つ。(確か)

 

 

心の表面上の傷は小さくなっても、ずっとずっと深くに傷が入りこんでくる。

 

 

 

 

 

 

 

「あなたは一人ではない」

「生きてるだけで すばらしく、すごいことなんだ」

 

 

ぎゅっと抱きしめ、
ハグして。

 

 

 

 

 

 

感染症で
新生活様式と言われるけれど。
それも大事だけど。

 

 

 

 

 

 

ふれあうことが、いかに温かく大事なことか。

体温を感じることが、いかに素敵なことなのか

 

 

 

 

 

 

器用か不器用か分からないけど。

自分なりに
そこは守りたい。な。

 

 

 

 

ふれあえること。もの。

感じること。

 

 

そんな空間。

 

 

 



※画像は各オフィシャルサイトよりお借りしています。

 

 

この写真、同じ眼をしてる!

意志の強い「め」

 

 

三浦春馬さん
芦名星さん ありがとうございます。

 

 

どうぞ、安らかに。

(ご遺族の皆さまお悔み申し上げます。)

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、昔に感じたこと。

自死遺族を差別しないで!

変な目で見ないで!

 

(自死という結果を招いた大きな要因の一つとする偏見や、身内の自死によって未来を失ったかわいそうな人という憐み)

 

 

 

 

 

いたって、フツーなんだけどな。

(フツー)の、つもり。

 

 

 

 

 

 

勇気を持って投稿。

自分の意志確認。

 

 

同じ自死遺族の方の力になれますように。

 

2020.09.16

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。多謝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

日々のつれづれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

営業日カレンダー